乳酸菌で悪玉菌を抑制して健康と美容を手に入れよう!

114368

悪玉菌が及ぼす悪い影響を乳酸菌で抑制!

腸内における悪玉菌の増加が様々な悪影響を人体に与えるという事はご存知でしょうか。

それでも、悪玉菌と善玉菌がせめぎ合い生存することで腸内はバランスがとれているのです。悪玉菌はある程度は存在しないといけないもの、つまり、善玉菌優位で腸内を健康的に保つ事が大切なのです。

もちろん、ほとんどの腸内環境が食生活に左右されるわけですが、忙しい現代人、なかなか善玉菌優位の生活を送るのは難しいのです。そんな中、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌加工食品や飲料、サプリメントなどの補助的商品に注目が集まります。

それにしても健康や美容を害する悪玉菌とはどのような理由から発生するのでしょうか。また、悪い影響とはどのようなものでしょう。

悪玉菌が増加する理由とは?

よく比較されるのが生後すぐの赤ちゃんと高齢者の腸内環境です。

赤ちゃんの腸内はほとんどが善玉菌で満たされています。一方でお年寄りは加齢により善玉菌よりも悪玉菌優位の腸内環境です。

長い年月をかけて悪玉菌増殖の経緯をたどりますが、その間も肉食中心の食生活や運動不足などによる悪玉菌増加、有害物質の増加が考えられるのです。

ちなみに、欧米化よりの肉料理に偏りがちな食事は肉のタンパク質を餌とする悪玉菌が増える絶好の条件となるでしょう。

こんな症状もしかして悪玉菌優位の腸内環境かも?

自分の体調がちょっと今までとは違うな?と感じたら要注意です。

ほうっておけばそれ以上の健康被害になるでしょう。

例えばいつもと違う体のダルさや口内炎などの疾患はまさに腸内で悪玉菌優勢の免疫力低下を引き起こしているかも知れません。

改善策を怠ると風邪をひきやすかったり、生活習慣病になりやすかったりします。

悪玉菌が増えることは腸内だけでなく、カラダ全体に及ぼす危機ともいえるでしょう。

悪玉菌を抑制させる乳酸菌とは?

日頃から食事や運動に気をつけないといつの間にか悪玉菌で満たされてしまう腸内。それぞれの環境によって万全な対策をとるのは難しいのが現状です。

そんな悪玉菌を抑制させる食材があります。

乳酸菌として善玉菌豊富な味噌や醤油、チーズなどの発酵食品。強い殺菌効果を持つ酢酸を生成するビフィズス菌などが期待されます。

また、腸内の腐敗物質が原因でお腹がはり、便秘を引き起こし、ガスがたまるなどの不快症状も出てくるでしょう。

また、美容面では吹き出物など肌荒れ症状を招きます。

まとめ

加齢や生活習慣の乱れから年月をかけて悪玉菌の増加し、健康美容に悪影響を引き起こすのですね。

様々な便秘や吹き出物などの予兆も見逃せないでしょう。深刻な病気になる前に乳酸菌などの力を借りて健康的なカラダを取り戻したいものです。

それには腸内までしっかり届く乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が必要です。

以前と比較して善玉菌をヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどで摂取している人は増えました。一時的な摂取ではなく、日々の積み重ねが大切です。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ